スクワランオイルの4つの効果効能と使い方!動物と植物性の種類の違いとは?

abda282941ea314f87b28123dd406a2d6_s

スクワランオイルという言葉、女性ならば一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

よく美容の口コミでも話題となっていますよね。

今回はこのスクワランオイルにスポットを当てて、スクワランオイルの素晴らしさをお伝えします!

ぜひご覧になってくださいね。

<スポンサーリンク>

 

スクワレンを知っていますか?

 

スクワランオイルを作るのに欠かせないスクワレン

スクワレンという言葉を聞いたことはありますか?

スクワレンには動物性のスクワレンと植物性のスクワレンと二種類のスクワレンがあります。

ここからは二つのスクワレンについては説明させていただきます。

 

動物性のスクワレン

  • 主に深海ザメの肝油に含まれる

工業製品を作る過程で潤滑油として使われたり、化粧品や軟膏などの医薬品にも使用されている。

 

植物製のスクワレン

  • オリーブオイルや綿実、アボカドやオリーブに含まれる

マッサージオイルや敏感肌用化粧品、スキンケア用品に使用されている

 

スクワレンは動物性と植物性の二種類あります。

そしてその二種類の効能には基本的に大きな違いは今のところないことがわかっています。

 

スクワレンを体に取り入れると生まれる効果とは?

スクワレンは人間にとってたくさんの効果があるんです。

効果が立証されているものについてお伝えしますね。

効果としては

 

  • 体の調子を整えることができる
  • ガンや高血圧、肝臓に有効的である
  • 美肌効果がある
  • 新陳代謝を上げることができる

 

というのががわかっているんです。

美容にはもちろん、サプリメントや薬の一部としても使われています。

肝油を使ったサプリメントを見たり、聞いたりしたことがある人は多いのではないでしょうか。

 

スクワレンをスクワランオイルに

 

このとても効果があるスクワレンをオイルにしたのがスクワランオイルなんです。

製造方法としてはスクワレンに水素を添加したものです。

よく身近で売られているスクワランオイルはスクワレンを元にできているんですよ!

ただ身近でスクワランオイルは売られているんですが、そのスクワランオイルによって純度も違うんです。

できるだけ純度の高い高品質なものを選ぶことをお勧めします。

 

スクワランオイルを美容として取り入れる理由って?

人間の体内の中では常にスクワレンが生産され、体の中を巡っているんです。

その中でもお肌にはスクワレンは絶対重要なものです。

スクワレンは肌の皮脂にも含まれていて、表皮にも存在しています。

表皮にスクワレンがあることによって、汚れや雑菌から皮膚を守ったりお肌の調子を整えたりすることができているんです。

皮脂の中の約3パーセントがスクワレンといわれていますよ!

しかし、体内で作られる生産量が加齢とともに減少していってしまうという性質があります。

皮脂中のスクワレンがどんどんなくなっていくと、お肌の調子が悪くなってきてしまいシワや肌荒れなどトラブルが多くなってきてしまうんです。

女性にとってシワや肌荒れは天敵ですよね!

ある日気づいたら消せないほどの深いシワが・・・なんてことは避けたいものです。

それを解決してくれるのが、このスクワランオイルなんです。

スクワランオイルをスクワレンが少なくなって無防備になった肌に塗ることにより、肌の改善を助けてくれます。

また健康的な肌を作るにもスクワランオイルは絶大な効果を発揮するんです。

なので、肌を保護したり肌自身の力を増やすためにはスクワランオイルを塗って、スクワレンを補充してあげるのが一番の近道なんですよ。

 

スクワランオイルを使うときには清潔が基本!

 

スクワランオイルはいつでもどこででも塗ればいいというわけではありません。

汚れがついたり、皮脂が詰まっている肌に塗っても、ただ表面にスクワランオイルを置いているだけです。

中まで確実にスクワランオイルを届けるようにするには、肌をきれいに清潔にしてから塗ることを忘れないでくださいね!

そうすることにより、もっとスクワランオイルの効果が実感できるのではないかと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

a4169aae2d63070078f6f180b4e49bf62_s

【ホホバオイルの使い方】保湿効果が凄い!肌に髪に日焼けに効果的なワックスエステル成分が!

ホホバオイル、ココナッツオイルなどなど・・・オイルはたくさん売られています。美容に敏感なあなたなら聞いたことある名前ばかりではないでしょうか…

おすすめ記事

PR

ページ上部へ戻る