ワセリンは美容効果抜群の万能クリーム!皮膚の保護に有効な使い方を紹介!

美容クリーム

「ワセリン」

だれもが一度は耳にしたり使ったことがあるのではないでしょうか。

主に皮膚を保護する保湿剤として使われているクリームなんです。

でも、そもそもワセリンって何?

とちょっと疑問に思ったので調べてみました。

ワセリンの使い方も合わせて紹介させていただきます。

今回は、「「ワセリン」は万能なクリーム!皮膚の保護に有効な使い方を紹介!」をテーマにお送りします。

ぜひチェックしてみてくださいね!

<スポンサーリンク>

 

◆ワセリンは原油が原料のクリーム

ワセリンとは原油を高純度に精製することで作られた皮膚を保護してくれる保湿剤です。

肌の中まで浸透することなく表面に留まる性質があるので、外部からのほこりや刺激から皮膚を守ってくれる働きがあります。

保護膜を作ってくれることで乾燥を防止したり、皮膚を柔らかくするという性質も持っているんです。

 

◆ワセリンのおススメの使い方を紹介

このワセリン、実はたくさんの使い方があるんです。

今回は、皮膚に塗ることで効果が得られる方法をご紹介します!

◆体の乾燥を防止してくれる

お風呂上りにワセリンを塗ることによって肌のうるおいが逃げていくのを防ぐことができます。

どうしてもお風呂上りは皮膚が乾燥しやすくなりますよね。そんなときに使ってほしいのがこの「ワセリン」なんです。

夏でも皮膚がカサカサしている女性って結構多いんです。

そんなときはこのワセリンを塗って、皮膚の水分を守ってあげてくださいね

 

◆ハンドケアに。水もはじく優れもの!

手はその人を写し表すものといわれています。

せっかく顔も髪もきれいにしたのに、手がカサカサしてたらもったいないですよね。

そんなときには、ワセリンを薄く伸ばしてあげてください。

油のベールができることで、手がしっとりと落ち着きますよ。

油は水をはじくので、多少の水では落ちたりしないのもポイントです。

<スポンサーリンク>

 

◆かかとのガサガサが気になっている方へ!

夏になるとパンプスからサンダルへ履き替えるという人も多いですよね。

せっかくサンダルを履いたのに、気づいたらかかとがガサガサになっていませんか?

そんな方へも「ワセリン」はおすすめです。

「ワセリン」は皮膚を柔らかくし保護してくれる性質があります。

夜寝る前に「ワセリン」をかかとに塗りシルクの靴下を履いて寝てみてください。

きっと次の朝には昨日とは違うかかとに生まれ変わっているはずです。

 

◆荒れた唇の保護材としても使うことができます!

唇が荒れていたり、唇に縦じわが入っているのが気になるという方はいませんか?

唇の縦じわは顔を老けてみせる原因の一つです。

縦じわが気になる人には「ワセリン」を使った唇パックがおすすめです。

唇にワセリンを塗ったあと、ラップで押さえ上から蒸しタオルを当ててみてください。

10分後には縦じわが薄くなっていると思います。

 

◆顔肌荒れが気になる人へもおすすめ!

最近肌荒れが気になるなぁ~という人にも「ワセリン」はおすすめです。

いつものスキンケアをしたあとに、薄くワセリンを塗ってみてください。

化粧水などに入っている良質な成分を閉じ込めることができます。

また、睡眠中に皮膚の水分が蒸発することを知っていますか?

どんどん水分が実は蒸発しているのです。

ワセリンを塗ることによって、皮膚の水分蒸発を防止することもできるんですよ!

特に乾燥が気になる目元や頬にはちょっと多めに塗ってあげた方がいいですよね。

ベタベタが気になるという人は量を調整してみてください。

 

◆【まとめ】ワセリンを使って心地の良い肌に・・・

今回は、「「ワセリン」は万能なクリーム!皮膚の保護に有効な使い方を紹介!」についてお伝えしました。

冬だけでなく、夏も女性にとって皮膚の乾燥は悩む問題ですよね。

ぜひワセリンを使って快適で心地の良い肌を手に入れてくださいね!

<スポンサーリンク>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

bra-1659570_1280

乳首の黒ずみの3つの原因と色を薄くするケア方法!オススメの美白クリームはコレ!

「黒美ってさー乳首黒すぎじゃない?妊娠したの?笑」 「よっ!黒乳首!」 学生時代からずっと友達にバカにされていた乳首の黒ずみ。 …

おすすめ記事

PR

ページ上部へ戻る