美容師がオススメ!髪の毛の正しい3つのケア方法で簡単に綺麗な髪に生まれ変わる!

シャンプー・リンス・トリートメントの役割と効果

この季節、肌の調子がなんとなく悪いという人も多いですよね。

乾燥しちゃっててどうしようもないという人がいるはず。

それと一緒で髪も乾燥してませんか?

どうしても髪がパサパサで、朝せっかくセットしたのに昼にはもうどうしたらいいかわからないくらいまとまりがないという人いないですか?

今回はそんなあなたへ私が美容師さんにオススメされ、実践して効果のあった髪の毛のケア方法をお伝えしますね。

これを実践すれば、一日中髪を気にすることなく快適な一日を過ごすことができますよ!

パサつきが気になる人はぜひ試してみてくださいね!

<スポンサーリンク>

◆髪を洗うときに気を付けること

髪を洗うとき時間を短縮しようとしてシャンプーを手に取ったまま髪の毛につけていませんか?

これ絶対やめてください!

髪も洗顔と同じように洗顔ネットで泡立ててから使ってください。

モチモチの泡を作り髪に乗せます。

そして髪の毛よりも地肌をマッサージするように洗ってください。

ここで注意点があります。

決して強くこすったり爪を立てたりはしないでください。

あくまでも洗顔と同じように優しく洗ってください。

髪の毛はあくまでもおまけで洗う感じで大丈夫です。

シャンプーの目的は地肌を清潔にすることが目的なのです。

顔を洗う洗顔ネットと髪の毛用は分けてくださいね。

もし泡が残ってたりしたら大変です。

 

◆洗い終わったときに気をつけること

髪を洗ったあとはみなさんタオルで拭きますよね?

そのときにも注意が必要なんです。

ついついタオルでゴシゴシ強く拭いてしまいがちですよね。

でもそれはダメなんです。

濡れた髪をタオルで強くこすると髪の毛のキューティクルが痛んでしまいます。

キューティクルが痛むとどうしても髪がパサパサしてしまうんです。

痛んだキューティクルは修復することが難しく、トリートメントをしても元には戻れないんです。

トリートメントをすることによって一時的に艶のある髪に見せかけることはできても、元々が痛んでいるため自然とパサパサの状態に戻ってしまいます。

濡れた髪を拭くときはゴシゴシこするのではなく、タオルで押さえつけるようにしてくださいね。

髪の毛と髪の毛が摩擦しないように心がけることが大事ですよ!

根本の水分を取ってから、髪の毛の方を拭くようにすると水分も早く取ることができます。

しっかり拭こうとするよりは、このくらいでいいやと思うくらいの拭き方が髪には優しいです!

ただし、濡れたまま放置や自然乾燥というのはやめてくださいね。

 

◆ドライヤーで乾かすときに注意すること

タオルでのドライが終わったら今度はドライヤーで乾かします。

そのときくれぐれもドライヤーを髪の毛から離してかけるようにしてくださいね!

早く乾かしたいからって近づけすぎると髪の毛が痛む原因になってしまいます。

乾かすことは大切ですが、乾かしすぎることや乾燥は大敵なんです!

30センチ以上ドライヤーを離してかけてください。

乾かすときは根本から毛先に向かって乾かしていくとサラサラヘアになりますよ。

よく毛先が濡れたまま終わりでという人もいますが、きちんと乾くまで毛先も十分にドライヤーをかけてくださいね。

濡れたままにしておくと枝毛ができる原因になってしまいます。

また、全体的に乾かし終わったら熱風ではなく冷たい風で髪を落ち着かせることも重要です。

髪の毛が熱い状態だと乾燥を招く原因になってしまいます。

最後に冷たい風で髪を落ち着かせるというこのひと手間がサラサラな髪になる秘訣ですよ!

冷たい風で髪を落ち着かせたあとはしっかりとブラッシングして終了です。

 

◆基本的なヘアケア方法であなたの髪は生まれ変わります!

ここまでしっかりとやればあなたの髪はパサつきを知らない綺麗な髪になるはずです!

この時期だからこそ、髪の毛にも細心の注意を払いパサつきを抑えてください。

きっときちんとケアすることで、今までの自分の髪とはまったく違った髪の毛を手に入れることができますよ。

少し時間がかかってしまいますが、正しい髪の毛ケア方法で健康的な髪の毛を作り出してくださいね。

<スポンサーリンク>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

batch_164H

髪の毛をサラサラにする方法は2つ!正しいお手入れで傷み髪はもう卒業!

女の命、髪の毛!意外と見られています(⌒-⌒; ) キレイなお洋服を着ていても髪の毛がパサパサだと台無しですよね…。第一印象も悪くなっ…

おすすめ記事

PR

ページ上部へ戻る