チアシードは肌や便秘に効果なし?栄養や食べ方・効能や危険性などについて調べてみた!

チアシード

チアシードって知ってますか?

雑誌やテレビで取り上げられ、ハリウッドセレブがダイエットのために食べてるというので有名になりましたよね。

ところで、このチアシードっていったい何なのか知ってますか?

今回は、「チアシードは肌や便秘に効果なし?栄養や食べ方・効能や危険性などについて調べてみた!」をテーマにお送りします。

<スポンサーリンク>

そもそもチアシードって何??

チアシードとは、南米で主に栽培されているシソ科のサルビア属のミントです。

果実の種をさしていて、栄養がとってもある種なんです。

食物繊維はもちろん、aリノレン酸やアミノ酸を含んでいます。

ものすごい食物繊維たっぷりなスーパーフードと言われていますよ!

 

食物繊維が体の健康を助ける!

チアシードに食物繊維がたくさん含まれていることをご紹介させていただきました。

では、この食物繊維について少しお話させていただきますね。

 

食物繊維は二つにわけることができる

食物繊維は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維に分けることができるんです。

水溶性食物繊維

・血糖値の急激な上昇を抑制

・コレステロールの吸収を抑制

・糖尿病や心筋梗塞の予防

 

不溶性食物繊維

・便秘や肥満の予防

・動脈硬化や大腸がんの予防

 

があります。

 

便秘解消に絶大な効果がある!?

チアシードにはこの水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がどちらも豊富に含まれているんです。

なので、便秘には絶大な効果があるんです!

また、どうしても便秘になると吹き出物ができたり、かさついてしまったりと肌の調子が悪くなりますよね。

便秘を改善することによって肌もきれいになると言われていますよ。

 

注意をしなければいけない食べ方ってあるの?

チアシードを食べるときに注意してもらいたい点があるんです!

チアシードはそもそもそのままだとただの果実の種ですが、水で膨らむという特徴があります。

なので、水につけたりすると約10倍くらい膨らむんです。

膨らむことで満腹感を得ることができるので、ダイエットにも最適な食材なんです。

そもそも、チアシードそのものに危険はありません。

ただ、チアシードが膨らむということをすっかり忘れて、食道でチアシードが膨らんで窒息してしまったという報告もあります。

原因はチアシードではなく、食べた人がまだチアシードが気道にあるのに水分を取ってしまったことが原因と考えられています。

なので、胃まで到着するまで水分はがぶ飲みしたりするのはやめてくださいね。

また、食物繊維がとっても豊富なので、食べすぎることによって便秘は解消されるだけならいいのですが、下痢になってしまう人も中にはいるようです。

何事もほどほどがいいようです。

ちなみに、一日のチアシードの量は15グラムと言われています。

痩せたいから、便秘を解消したいからといってたくさん食べると大変な目にあう可能性がありますので注意してくださいね。

 

チアシードの食べ方ってどんな食べ方があるの?

チアシード栄養豊富なことはご確認いただけましたよね。

このチアシードの食べ方をご紹介させていただきます。

たくさん、食べ方があるのでぜひ参考にしてくださいね。

 

  • ヨーグルトに混ぜる
  • ジュースに混ぜる
  • サラダと一緒に上にかけて食べる
  • パンに混ぜる
  • クッキーに混ぜる

 

チアシードは無味・無臭でクセがないので、どんなメニューと合わせても違和感なく食べることができます。

中には水そのものにチアシードを入れて飲んでいるという人もいるくらいです。

ただ、味気のないものだとそのうち飽きてきてしまいますよね。

「できることなら味気のあるものにチアシードを入れて食べたい」という人、「食べたことがないんだけど挑戦してみようかな」という人には、まずはヨーグルトに混ぜて食べてみることからおすすめします。

 

いかがでしたか?今回は「チアシードは肌や便秘に効果なし?栄養や食べ方・効能や危険性などについて調べてみた!」についてお伝えしました。

便秘に悩んでいる人やダイエットをしたい方、生活習慣病が気になっている人には最適なスーパーフードです。

ぜひ一度試してみてくださいね!

<スポンサーリンク>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

a80b2916e31bc53122a7337ce8c2462dd_s

健康的に痩せる方法!GI値を低くする食べ物と基礎代謝を上げる運動がオススメ!

女性の方なら一度はしたことあるであろうダイエット。 そのダイエットもやり方を間違えるととっても危険です。日本の女性…

おすすめ記事

PR

ページ上部へ戻る