髪の毛をサラサラにする方法は2つ!正しいお手入れで傷み髪はもう卒業!

batch_164H

女の命、髪の毛!意外と見られています(⌒-⌒; )

キレイなお洋服を着ていても髪の毛がパサパサだと台無しですよね…。第一印象も悪くなっちゃうかも。何気なく送っている生活習慣にも実は問題が潜んでいます。

「子供の頃はサラサラだったのに〜」なーんて嘆いている方もいるのではないでしょうか?

たった2つのポイントを抑えるだけで、傷んだボサボサヘアーから卒業できるかも!

これから解説する内容を見直して髪の毛を元気にしていきましょう!

<スポンサーリンク>

しっかり覚えておこう、髪の毛の大敵!

その1:紫外線

「紫外線」…夏など日差しの強い時に経験したことがある方もいるのではないでしょうか?

なんだか髪がパサパサ…。

紫外線は、髪の毛のキューティクルをどんどん壊していきます。(キューティクル…髪の毛の表面にあるうろこのような形をした細胞です。これがあることにより栄養を守り、やわらかい触りごごちのいい髪の毛を保つことができています。)

栄養を守ってくれているキューティクルをどんどん破壊していくのですから、髪の毛のことを考えると日差しの強い時なんかは帽子や日傘で髪の毛を守ることをオススメします♪

 

その2:自然乾燥

「自然乾燥」…髪の毛は、水分を含んだ状態の時、とても敏感な状態にあるということ、ご存知でしたか?先程、キューティクルのお話をしました!

実は水分を含むと髪の毛のキューティクルが開き、そのままでいるとどんどんパサパサな髪になってしまうんです。ドライヤーの熱を当てるよりいいじゃん!と思う方も多いですが大間違い!水分を含んでいる髪の毛は切れやすいですし、とてもダメージを受けやすくなっています。

しっかり乾かす方が正解なのです。それに、水分を含んだまま放っておくと、頭皮が蒸れやすく最悪な時はカビや細菌の原因に!頭皮は細菌が繁殖しやすい場所なので要注意です。

 

その3:冷え

「冷え」…体が冷えてしまうと血行が悪くなり体中に栄養がいかなくなります。もちろん、髪の毛もその影響を受けてしまいます。髪の毛に直接なにか施すというよりも、頭皮が非常に大事になってきます。

頭皮にしっかり栄養、そして酸素を送ってあげなければ、健康な髪の毛は生えてこなくなります。いくら髪の毛をケアしてもサラサラにならないのは、頭皮に原因があるかもしれないということですね。まずは体を温めて血行をよくしましょう。

 

 

今すぐ辞めよう!ダメな生活習慣

自然乾燥

先程も書きましたが、これは今日から辞めましょう!乾かすのは手間でも、サラサラな髪の毛が手に入ればうれしいはず!^^

 

髪の毛を引っ張る

「髪の毛を切りすぎた…」といって結び続けたり引っ張ったりする人がいますが、引っ張ることによって頭皮に刺激がいき傷ついてしまいます。毛根へのダメージにもなってしまいます。女性はヘアアレンジしたりしますよね。あれも毎日同じ髪型だと引っ張られてる部分が同じになり、その場所の血流が悪くなってしまうんです。毎日ポニーテールをする…という方は休みの日はストレートのままでいるとか頭皮も休めていいかもしれません。それか髪型を変えるなどして工夫してみてくださいね。

 

睡眠不足、ストレスなどの生活習慣の乱れ

睡眠不足になると頭皮の血流が悪くなります。寝ている間に傷ついた細胞たちは修復されるんです。

頭皮は紫外線や冷え以外にも、ストレスにも敏感に反応します。疲れが溜まっている時などは要注意です!しっかり睡眠をとるようにしましょう。

 

 

髪の毛をサラサラにするための方法の中でも、ついつい普段からやりがちな悪い生活習慣についてお届けしましたがいかがでしたか?

髪の毛そのものにお手入れをしていても頭皮に問題があると改善されません。それだけ頭皮はとっても大事だということですね。

間違ったお手入れは今日から辞めて、サラサラなモテ髪を目指しましょうね♪

 

<スポンサーリンク>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

6186718419_b5c3849df2_z

鼻の毛穴が開く原因とケア&解消方法!黒ずみ除去で小鼻美人!

鼻の黒ずみ、なかなか手強いですよね。 いろいろ試してみるもののなかなか解消されないという声も多いです。 &n…

おすすめ記事

PR

ページ上部へ戻る